Fos/Foto


2.5次元を激写するブログ

◎  ANYWAY, LET'S SHOOT 


Sonicomi14100304.jpg


はい、今回のそに子の衣装は、
ゲーム中で主人公が初めてそに子を仕事で撮影したときにそに子が着てきた私服でございます。
ミリタリージャケットにパンダのTシャツという……。











Sonicomi14100307.jpg


ちなみにゲームではこの衣装のまま撮影すると、コーディネート点が100点満点になります……。











Sonicomi14100308.jpg



この衣装で昼間のビーチというのは違う気がしたので、前回に引き続きまた夕方の撮影になってしまいました。











Sonicomi14100305.jpg


さて、当ブログは本来、写真を貼りつつ気軽に雑談をするというのをスタイルとしていますが、
写真を見に来てくださる層を考えるとなかなか写真と関係のない話はしにくく、

結果として前回スカイリムのときは物語ブログに……。 ←その結果はどうなの。











Sonicomi14100320.jpg


ですが、今回のソニコミに関してはほぼ語ることはないでしょうし、
なんといっても写真自体はフリーモードでのものなのでゲーム進行とはほとんど関係ないわけです。

ですから、今回こそは雑談に花を咲かせようと心に誓っております。











Sonicomi14100306.jpg


といって、私の興味のある話を種々雑多にしていてはなかなかお客さんは定着してくれないでしょうから、
やはりアニメ関連の話が中心になるかなーと。











Sonicomi14100309.jpg


サブカルの中でもアニメほど他人と話題を共有できるジャンルはないでしょう。
まず無料で見られるというのが非常に大きいですし、3ヶ月ごとに新作が山のように始まっては終わるので、

自分の好きなときに見るということがほとんど許されない。
よって、何を見るかは人によって違えど、リアルタイムで見ていくのは宿命づけられているわけです。
まあ、これはテレビドラマなんかも同じでしょうが、

やはり数が桁違いなので一度取りこぼしたらもう見る機会はないというような刹那感があるんですよねー。











Sonicomi14100312.jpg


なので非常に他人と共有しやすいジャンルというわけです。

特にアニメというのはその作品性においてカオスであることがそもそもの特徴なので、
映画や音楽なんかより好みが分かれにくいということも言えるでしょう。











Sonicomi14100311.jpg


ただまあ、数が増えていくことで逆に個々の方向性は明確になっていき、
それまではアニメというジャンル全体が好奇の対象だったのが、
はっきりと好みが細分化されていくような傾向が最近は出てきているように思います。
それはまさにサブカルチャーから本当のカルチャーへと昇華される過程にあると言っていいでしょうが、

現在のところは美少女という因子がアニメの中で圧倒的な支配的地位を占めているので、
どこまで細分化したところで常に核には美少女が存在するわけです。











Sonicomi14100310.jpg


つまり、アニメを語ることは美少女を語ることにほかならない

ということになるんじゃないでしょうか。 ←そうなの?











Sonicomi14100319.jpg


せっかくなので、上着を脱がせてみました。
カメラマンさんが持ってあげてる……という設定。











Sonicomi14100318.jpg


正直、PC版が出た時点ではフリー撮影モードがあるということすら知らなかったのですが、
PS3版が出るにあたってPC版のプレー動画を見てみたら、
こんなふうに砂浜を駆け回るそに子を撮影しているじゃないですか。

もう、それを見てやばいと思いましたね。
まさに自分が撮りたかったのはこういう被写体なんだよ、と。











Sonicomi14100317.jpg


もう、静止している被写体を撮るのは飽き飽きです。
そもそも私は綺麗な写真というものに全く興味がないのですが、じゃあどんな写真が撮りたいのかって言われたら、

やはり一瞬を切り取る写真なんですよねー。











Sonicomi14100301.jpg


はい、そに子疲れました。
思わずパンツも見えちゃってます。 ←思わずって。











Sonicomi14100302.jpg


思わず……ゴクリ。 ←おい。











Sonicomi14100315.jpg


可愛いですなぁ。











Sonicomi14100316.jpg


……っと、危ない。
疲れて気を失いかけちゃいましたか。











Sonicomi14100303.jpg


まあ結局、これまでも何度か言ってきましたけど、私は物には興味がないんです。

もっと言うと、動かないものに興味がない。



だからドールやフィギュアもなんとかして動かそうとしていたわけですが、所詮それは写真の中の話であって、
現実には疲労困憊する私がいるだけ。











Sonicomi14100314.jpg


変な話、動かすために写真を撮っていたわけです。
じゃあ、今はなんで動いているこのそに子を撮影しているかといえば、それは純粋に幸せだからでしょう。
こうして2次元の中で生きているそに子の二度とは戻らない一瞬を心に刻みたくて仕方がないんです。











Sonicomi14100313.jpg


生きてるからこそ撮る。
生きてないからこそ撮る。

どっちにしても撮る。 ←何それ。

関連記事

モット!ソニコミ

ワルキューレロマンツェ@スカイリム